オーストラリア

オーストラリアでは、部屋探しが出会いになるって本当?【アラサー体験談】

オーストラリアでのシェアハウス探しは、基本的に個人対個人!部屋情報は、flatmate.comや地域のfacebook pageに載っていることが多いです。

「ここいいな〜。」って思ったら、やり取り開始!広告主にアポを取って、いざ内見へ。ちなみに内見を英語では、inspection(インスペクション)と言います。

このインスペクションが、出会いの場となることがあるんですよ!アラサーでも問題なし。この記事では、私自身のネタ的な実体験と、友人Rの超成功例をお伝えします。

中東系の留学生との出来事

オーストラリアは移民大国。広告の名前だけでは、性別がわからない時もあるんですよね。とりあえず、行ってみるか!と、この時も行ってみました。出迎えてくれたのは、中東系の男性。

部屋は、自分の思っている感じではないので、ササっと帰ったように記憶しています。しかし数日後・・・こんなメッセージが。

君がインスペクションに来た時、とても美しいと思ったよ。その瞬間から、君のことを考えている。遊びに行けたらな。

YESかNOか言ってくれ!!
(大事なところだけかいつまんでます)

この時、暇だったんでしょうね。コーヒーを飲みに行ったんですよ!そこから、相手は恋人気分!翌日には、"Hey, darling..."、無視していると、"Miss you"

無視し続けると、「僕の何がダメなのか教えてくれ!」と、メッセージが来ました。

「ダメも何も、コーヒー飲んだだけやん!彼氏おるし!」と、返事。彼氏がいるのは、もちろん嘘です。

最後に、「君はなんて横柄なんだ!」と、捨て台詞を吐かれ、終わりを迎えました。

チャンチャン♪

オージーのMarkとの出来事

Markの部屋は、ビーチの近くで気に入ったのですが、値段的に厳しくて断念。数日後、メッセージが来ました。

「部屋は良かったけれど、家賃が払えない。」と伝えると、「値下げOKだよ!」って言うんです!色々と、部屋の質問をしていると急に話が変わって・・・

今夜、何するの?特にないけれど。
何かしたいなぁ〜。
何かって何?
うちに来て、映画でも見ない?
今、家に着いたよ。ルームメイトが一緒に夜ご飯食べたいって。ごめんね。行けないわ。
もしよかったら、夜ご飯の後に、迎えに行くよ。

ルームメイト探しがんばってね!
※黒字:Mark   赤字:わたし

これは!当時、流行り言葉だった、Netflix and Chillでは?Netflix and chillとは、「Netflixを見ながら、一緒にくつろぐ。」つまり、ワンナイトラブのお誘いなんですよね。
インスペクションの時、Markの部屋には彼女がいました。毎週末、この部屋で彼女と過ごしてるとのことだったので、もちろんお断りですよね。

友人Rの超成功例

一番最初のシェアハウスは、オージーの男の子のユニットでした。天然くるくるの髪の毛がかわいい、長身のAussie bloke。

帰宅すると、その彼がアジア系の女の子とご飯を作って、楽しそうにしているのです!

「こんにちは〜!」

え!?聞き間違い!?

その子は、日本人だったのです。キレイな黒髪ロングヘア、腕も脚も長く、同じ日本人とは思えないほどのパーフェクトボディー!

こんな彼女も立派なアラサー!当時、31才でした。

仲良くなって、なれそめを聞くと・・・なんとインスペクションだそう。

インスペクションの後に、連絡が来て、一緒に遊ぶように・・・。あれから4年。オーストラリアで同棲を続け、最近パートナービザが降りたようです🎉

まとめ

・出会いはどこにあるかわからない。

・出会いをつかめるように、常にアンテナを張ろう!

どうでしたか?インスペクションが出会いにの場になることもありますよ。私の体験はアラサー留学の思い出ですね。

ただ・・・インスペクションでは、自分の電話番号を相手に伝えたり、今住んでいる場所を伝えたりすることがあると思います。個人情報を相手に与えすぎて、トラブルにならないよう、気をつけてください。

The following two tabs change content below.
さわ田

さわ田

アラサーオーストラリア留学。その時に出会った夫と遠距離恋愛(日⇆豪)を経て、結婚しました。遠距離結婚続行中。自由を愛する夫を愛しています♡

-オーストラリア

© 2020 オージースタイル Powered by AFFINGER5