遠距離恋愛・結婚

20代遠距離恋愛で失敗した私が30代で遠距離結婚するまで【体験談】

この記事は、20代前半で遠距離恋愛に失敗した私が30代半ばで遠距離恋愛を経て、結婚(遠距離別居婚)をするという物語を書いたものです。

こんな記事ではありません

  • ◯◯したら、彼の気持ちを振り向かせることができる!
  • ◯◯したら、結婚できる!
  • アラサーでも大丈夫!絶対に幸せがつかめる!

上記をご理解の上、読み進めていただければ幸いです。

20代前半、遠距離で失恋

出会い

大学からの交換留学で、21〜22才はアメリカで過ごしました。アメリカの新年度は、新しい生徒を迎えるイベントで盛りだくさん!

インターナショナルの生徒が集まる組織がけっこう大きくて、毎週のようにパーティーを開いてくれました。

当時の彼との出会いもそのパーティー。年上のアメリカ人でした。最初は何も思っていませんでしたが、私のことを気に入ってくれ、何度も会うように。

気づけば彼女になっていました。

運命を感じた夜

ある日、彼の部屋で彼の昔の写真を見ていました。すると・・・私が地元で行ったサッカーの試合と同じ試合に彼も行っていたのです。

2つの違う国の人間が、同じサッカーの試合を見に行くことなんて!!これはもう運命!?

こう考えたら、思いが加速していきました。どんどん彼の虜に・・・。

重い女に一直線

運命を感じた私は、パーティーでもBBQでも、いつも彼の隣で彼を見つめていました。

思い起こせば、ホラーです。でも、本当に彼しか見えなくて。頭の中は彼のことでいっぱい。いつも隣でニコニコしていました。

気持ちが膨らみ、どんどん重い女へ・・・。彼との関係もあまり良いものではありませんでした。

帰国が迫る

帰国が迫ると、嗚咽混じりに泣くことが増えました。彼の気持ちが離れていった原因は絶対的にこれ!

最初は優しく「泣かないで〜。」なんて言ってましたが、だんだん私の扱いが雑に・・・。

私の帰国は決まっていたので、彼は「付き合いは続けられないから友達に戻ろう。」と、提案。今、思えばかなりまともな考えですね。

でも、当時の私はもちろんNO!そして、号泣。厄介すぎる女です。

THE END

泣く泣く、日本に帰った私は彼に会えなくなり、7キロは痩せました。彼が日本に来たり、私がアメリカに行ったりもありました。

でも、彼の気持ちが戻ることなくお別れしました

チャンチャン♪

敗因を考察

  • 自分の意見も意思もなく、ただ自分を愛する女はつまらない。
  • とにかく重い。

 

残りの20代

 

とにかく悲惨。またしても勘違い、暴走!

I was born to love you!

って思う相手との出会い。心から「あなたを愛するために生まれてきた。」って思っていました。相手は同僚(日本人)。

彼とは職場で三角関係になりました。そして敗者に・・・。

地獄のような毎日で9キロ減。PMSが最高にヒドくなり、病院に行ったことも。

あわせて読みたい
【PMS歴5年】夫のおかげでPMSから解放されました

PMSをご存知ですか?PMSとは、日本語で月経前症候群と呼ばれています。わたしがPMSを認識したのは、2012年。その頃、やっとこの現象や言葉が認知され始めた頃ではないでしょうか。 月経前症候群という ...

続きを見る

9キロ痩せて、まぁまぁの見た目になってからは、コンパ・紹介・街コン・相席屋など。当時の出会いの場には全て行きました。

それなりにモテた29才。でも、心が満たされることはありませんでした。

夫と結婚するまで

相変わらず、出会いの場へは足しげく通っていました。人生で初めて、年下の男の子に連絡先を聞いたことも。しかも、友達の旦那の同僚!デートは数回しましたが、何もなし。

だんだん、どうでもよくなってきた頃にオーストラリア留学することに!

夫とは、オーストラリアで出会いました。夫は日本人ですよ。

関連記事
【アラサー必見!】夫との出会いは友達のTinder

結婚して一番聞かれた質問は「旦那さんとの出会いは?」です。 面倒な時は「友達の友達で・・・」と答えますが、正しくは「友達がTinderでマッチした人」。笑。わたしはそんな彼と国際遠距離恋愛・結婚(現在 ...

続きを見る

仲良くし始めたころ

夫と微妙な関係だった頃、ある疑惑が浮上・・・「前の彼女と続いてるんじゃ!?」気になったので、即行動。とはいえ、彼はものすごーーーーく田舎に出張中。

よし、そこまで行こう!

片道12時間のバスに揺られ、彼に内緒で会いに行きました。

「え、何でここに!?」驚く彼にコテコテの大阪弁で言い放ちました。

彼女と別れてないよな!?私、2番目とか無理。1番と思われへんねんやったら、もう二度と会いたくない。

「ご、ごめん。ちゃんと別れるから・・・」

こんなやり取りもありましたが、普通に暮らしていたら、行くこともないオーストラリアの田舎に2泊3日滞在。今では忘れることのできない、夫との楽しい思い出の一つです。

その後、私は日本に帰国。

超自由人な夫

「自由人は好き勝手させておけばいい」って、職場のおじさんから教わったことがありました。おじさんの言う通り好き勝手してもらっています。

付き合いたての頃は、女の子がらみの心配もありました。

女の子と遊んでいいよ。でも、もし他に好きな人ができたら、即報告して。私に失礼のないように!

と、釘だけはさしていましたが、だんだんその心配もなくなりました。

勝因を考察

  • 自分の意見や気持ちははっきり伝えた。(言い方には十分、気をつけて!)
  • 少々のことは多めに見た。

 

おわりに

アラサー、33才から先の見えない(結婚するかわからない)遠距離恋愛に戸惑いがなかった訳ではありません。

私はずっと恋愛で負け組。自分の気持ちを伝えるのも苦手でした。でも、夫にはいつもきちんと自分の気持ちも意見も言えました。

夫は、いつも私も笑わせてくれます。

何より、私に求めるものが「そこにいるだけ」な気がします。

こんな夫と出会えて、本当に幸せです。なんや!最後は「幸せな話かい!」

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事
遠距離恋愛・結婚のメリット3選【アラサーでも心配するな!】

遠距離恋愛と聞いて、あなたはネガティブな印象を持ちますか?それとも、ポジティブな印象を持ちますか?それも30代から始めるって勇気がいりますよね。 私ははもちろん後者で、できれば避けて通りたいと思ってい ...

続きを見る

The following two tabs change content below.
さわ田

さわ田

アラサーオーストラリア留学。その時に出会った夫と遠距離恋愛(日⇆豪)を経て、結婚しました。遠距離結婚続行中。自由を愛する夫を愛しています♡

-遠距離恋愛・結婚

© 2020 オージースタイル Powered by AFFINGER5