教職

教師/教員になる前に知っておきたいこと【キャリア編】

燃える人
うぉ〜〜〜〜!よっしゃ〜〜〜〜!教師になるぞ〜〜〜!教員採用試験合格するぞ〜〜〜!!
ホンマに生涯、教員採用試験を受けた校種に教員として身を捧げる覚悟はできた?
悩む人
え、いや。あ、その・・・それはもちろん。

こうやって燃える人に水をさすつもりは一切ありません。

あ、どうも教員歴13年のものです。

教員採用試験に受かったはいいものの・・・過酷な労働環境のため休職をする人は後を絶ちません。私立の場合も同じようなものですね。

また、他に興味が湧いても超安定の職を辞めるのは、勇気がいるもの。

正式に教員として採用される前に、ぜひ知っておいてほしいことをまとめていきますね。

今回は、【キャリア編】ということで、次のことをお話します。

ココがポイント

  • 海外にある日本人学校で働くこと
  • 大学院進学
  • 教員から他職に転職

教員の休職率

しおれる花

言わずもがなですが、教員の仕事はしんどいです。教員の長時間労働は、たびたびニュースでも取り上げられています。しかし、働き方改革はなかなか進まず、心を傷めて休職する教員はなかなか減らないのが現実。

文部科学省の調査によれば、年に約5000人の教員が休職しているそう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

まじめな教師を休職に追い込む4つの深刻問題(東洋経済新聞)

日本人学校で働くには

地球儀のボール

日本人学校と日本人補習校の違い

日本人学校

海外にある全日制の小中学校。特別支援学級を有する学校もある。日本の小中学校同様、学習指導要領にのっとった指導がなされる。

補習校

土曜日や平日の放課後などを使い、現地校やインターナショナルスクール(在外の)に通う日本人の児童生徒に向けた学校。

数は少ないですが、海外に拠点を置く私立学校も存在します。

日本人学校で働くために必要なもの

日本人学校は、海外にある日本の学校です。必ず、日本の教員免許が必要です!もし、あなたが少しでも日本人学校での勤務に興味があるなら、小学校の免許を取ることを強くオススメします。

なぜなら、日本人学校に通う多くの子どもたちは小学生。中高と学齢が上がるにつれ、現地校を選ぶケースが多いそう。

あなたが中学校1種免許を持っているなら、通信で小学校2種を取ることも可能。詳しくは↓で解説しています。

関連記事
【東京未来大学通信】小学校教員免許を半年で取る方法

悩む人小学校の教員免許を短期間で簡単に取る方法はありますか? 私は東京未来大学の通信課程で半年で小学校二種免許を取りましたよ! 前提条件 中高の教員免許を持っている 中学校の教員として3年以上の実務経 ...

続きを見る

日本人学校に採用方法は?

主な日本人学校の採用方法は、次の2つ。

各自治体から

まず教員採用試験に合格し、公立学校の教員として勤務します。各自治体に、日本人学校での勤務の募集要項が送られてきます。(時に管理職の手元で止まっていることあり!興味のある人は、必ず年度当初に管理職にその旨を伝えておきましょう。)

だいたいの自治体では、数年勤務していることを条件に、日本人学校勤務の試験を受けることが可能。

おおまかな流れは、

自治体での試験→(都道府県単位の試験)→文部科学省/外務省での試験

派遣国を選ぶことはできません!この国は嫌だな〜。なんて思っても、お断りすることは難しいですよ。覚悟が必要!

 

日本人学校に直接応募

各日本人学校では、直接採用も行なっています。それぞれの学校のホームページや、海外子女教育振興財団のホームページで確認しましょう。

大学院進学

メガネと鉛筆

大学院進学は国内、海外どちらでもOK!修士号があれば、給料のベースがUPします。大学院進学は、投資と考えてもいいのでは!?

オススメポイント

  • ベースの給料が上がれば、ボーナスも上がる
  • 大学講師という道が開ける
  • 教員採用試験に圧倒的に有利

大卒すぐに院に進学しなくてもいいです。教員志望であれば、講師を2年ほどして資金を貯め、大学院進学もアリ。教員になることを迷っていれば、一般企業→院→教員でもOK!

学校以外の経験が豊富な人は、教員として魅力がありますよ。

教師/教員からの転職

キラキラの中を歩く男性

教員は社会経験としてみなされない

まず、大前提として「教員としての勤務は社会人経験とみなされない」という事実を知っておきましょう。

なぜ、そうなのか・・・働いてみればすぐにその理由がわかります。

私もこれまで、数々の転職サイトを見てきました。私がよく転職求人を見ていた頃は「教員経験×」と書かれていましたよ。

塾講師や習い事の教室経営など、教員の経験をかってくれるところもありますが・・・。異業種に転職する場合は簡単ではない印象を受けました。

でも・・・

落ち込まないで!いいサイトがあるよ!

教員転職向けのサイト

大手の転職エージェントももちろんいいのですが、教員からの転職に特化したこんな会社はいかがでしょうか?

Education Career

幅広い業種への転職をお手伝いしてくれます。教員からの転職についてのコラムは必読!

Education Careerさんのホームページ

 

これまで安定した仕事をしていた人が、フリーランスになるのは、かなり勇気がいること!でもね、発想の転換をしてみてください。

教員って何かのエキスパートなんですよ。教科でも、部活指導でも。それを活かして、フリーランスとして働いてみるっていう選択もアリではないでしょうか?

今話題の自由な働き方

クラウドワークスさんホームページ

ランサーズさんホームページ

まとめ

ズバリ!教員であるあなたに付加価値をつけましょう。

もし、あなたが学生なら、この先40年ほど社会人としての人生が待っています。もちろん、教員一筋も素晴らしいことです。

でも、もう少し広い視野で自分の未来を見つめませんか?

教員以外の経験は、必ず生徒の役に立ちます!断言

The following two tabs change content below.
さわ田

さわ田

アラサーオーストラリア留学。その時に出会った夫と遠距離恋愛(日⇆豪)を経て、結婚しました。遠距離結婚続行中。自由を愛する夫を愛しています♡

-教職

© 2020 オージースタイル Powered by AFFINGER5