オーストラリア

オーストラリア英語はおもしろい【生活編】

32才で初めて出会うオーストラリア英語(Aussie English)はとても新鮮でした。知らないことを知る感覚っていいですよね。

それまで、アメリカ英語しか知らなかったわたしは、ワクワクする毎日!オーストラリア英語、最大の特徴は言葉を短くすることです。コチラの動画も併せて、ご覧ください。

それでは、Aussie English【生活編】を紹介していきます。

Aussie English Quiz

答えは次の項目にあります。いくつわかりますか?挑戦してみくださいね。

  1. footy(フゥティー)
  2. uni(ユニ)
  3. roo(ルゥー)
  4. mozzie(モズゥィー)
  5. sunnies(サニー
  6. arvo(アーヴォ)
  7. servo(サーヴォ)
  8. bloke(ブローク)
  9. pop(ポップ)
  10. heaps(ヒープス)

Answers:答え合わせをしましょう

  1. footy(フゥティー):Football
  2. uni(ユニ):university、大学
  3. roo(ルゥー):kangaroo
  4. mozzie(モズゥィー):mosquito、蚊
  5. sunnies(サニー):sunglasses
  6. arvo(アーヴォ):afternoon
  7. servo(サーヴォ):サービスステーション、ガソリンスタンドのこと
  8. bloke(ブローク):男の人
  9. pop(ポップ):おじいちゃん
  10. heaps(ヒープス):たくさん

1番〜7番は音から想像するとわかりやすいかも!?1番から3番は簡単だったかもしれません。

Mozzieってなんなん!

ある日、バイト先の隣のバーのお兄ちゃんがmozzieに刺されたと、真っ赤なおでこで現れました。MOZZIE?と、一瞬頭が真っ白になりましたが、夏だったので、想像がつきました。クイズを出されているようで、おもしろくないですか!?

Servo/Arvoもよく使われます

6、7番もオーストラリアでは、定番の言葉ですよ。では、問題です。今日の午後にそのガスステーションで会おう!をオージー英語でどうぞ!

答えは・・・Let's meet up at the servo this arvo!

これであなたもオージーの友だちを作る第一歩はカンペキ!!

じいじ=Popってどうゆうこと!?

この中で一番難しいのは、9番ではないでしょうか!?ホームステイ先のママの実家を訪れた時・・・みんながおじいちゃんをpopと呼ぶのです!

え!?これはもう衝撃。あだ名か!?と思いましたが、どうやらオーストラリア人ならではの呼び方のようです。かなり普通の呼び方で、日本でいうところの「じいじ」という感じみたいですね。

10番もよく使いますよ。lots ofの代わりにheaps ofを使うとオージーっぽい!!

まだまだあるよ!Aussie English【生活編】

esky(エスキー):クーラーボックス

eskyというブランド名が転じて、クーラーボックスなら、何でもこう呼ぶようになったみたいですね。barbie(BBQ)大好きオージーの必須アイテムです!

ute(ユート):トラック ※写真参照

Uteに乗るとかっこいいのか、Aussie blokeのハウスメイトはこれで生活していましたよ!デートも学校もこれを使っていました。最大3人しか乗せません。

thongs(ソングス):ビーチサンダル

アメリカ英語だとTバックのことですよね。Tバックとビーチサンダル、似ても似つかない二つのものが同じ呼び方っておもしろい!

おわりに

32才まで、英語のスタンダート言えば、自分の中でアメリカ英語でした。オーストラリアに行って、初めて知る言葉の数々。外国語を勉強するって、奥が深いんですねー。

積極的にAussie Englishを使って、どんどんオージーに話しかけましょう!!

あわせて読みたい
オーストラリア英語はおもしろい【食事編】

32才で初めてオーストラリに行ったわたしは、出会うオーストラリア英語(Aussie English)に衝撃を受けっぱなしでした。 2000年代にガッツリ、アメリカ英語に親しんだわたしには、異国の言葉に ...

続きを見る

The following two tabs change content below.
さわ田

さわ田

アラサーオーストラリア留学。その時に出会った夫と遠距離恋愛(日⇆豪)を経て、結婚しました。遠距離結婚続行中。自由を愛する夫を愛しています♡

-オーストラリア

© 2020 オージースタイル Powered by AFFINGER5